テレワークで重要なメールを削除してしまったとき復元は可能? – メール・ファイル復元 | 企業の不正調査

データ復旧 データバックアップ 長期保存 ハードディスク(HDD) パソコン(PC) Mac サーフェス(Surface) メール復元 メール削除 テレワーク

テレワークで重要なメールを削除してしまったとき復元は可能?

投稿日:2020年9月8日 更新日:

テレワークは、新しいワークスタイルとして世界中で広まっています。
オフィスに出勤しなくても、Web会議やチャットツールでコミュニケーションをとり、クラウドストレージ経由で書類やデータを共有して仕事を進めることが可能です。

メールやチャットは、テレワークにおいて打ち合わせやファイルの送受信に重宝されています。

この記事では、テレワークで重要なメールを削除してしまったときの復元について解説します。

テレワークの普及が急速に進む

2019年末~2020年にかけて新型コロナウイルスが世界的に大流行し、働き方にも大きな変革が余儀なくされています。政府から外出自粛が要請されるなか、各企業は社員を出勤させずに業務を進める方法を模索しなければなりませんでした。

その結果、Web会議ツールなどを利用して、テレワークを採用する企業が爆発的に増加しています。

ラッシュアワーの通勤ストレスからの解放や、自宅でくつろぎながら仕事ができることを喜ぶビジネスパーソンも多く、テレワークが新時代のワークスタイルとして定着しつつあるといえるでしょう。

テレワークでメールの重要性がさらに増す

テレワークの普及に伴い、新しいWebサービスが台頭してきたとはいえ、以前から使われてきたビジネスツールの価値がなくなったわけではありません。

むしろ、重要性が増したのがメールです。
出社していれば、上司や同僚から口頭で伝えられていたものが、テレワークではメールで伝えられることが多くなりました。

そのため、自宅で業務を進める際にはメールに書かれた指示や連絡事項をしっかりと確認しなければなりません。

また、重要な文書ファイルなどをメールでやり取りすることも増えてきています。

そのため、メールをうっかり削除してしまうと仕事に大きな支障が出るため、テレワークではメールを大切に扱うことが必要です。

テレワークでメールのデータ削除をしてしまうケース

テレワークで仕事をするようになって、これまで以上にメールの送受信が増えるのはやむを得ないことです。

メールボックスが雑多になりやすいため、頻繁に削除をする人もいるのではないでしょうか。完了した業務に関するメールなら「もう必要ない」考えて、安易に削除してしまいがちです。

また、添付ファイルをメールでやり取りしながら仕事を進める業種の場合、パソコンの空き容量がどんどん減っていきます。

一つ一つのファイルサイズは、大きくなくても添付ありのメールを長期間にわたって大量に受信していれば、累計のデータ量は相当なものです。

テレワーク中にデータ削除したメールを復元するには

テレワーク中のメールを削除してしまっても、復元の方法はあります。
GmailなどのWebメールの場合、単に削除しただけであればゴミ箱にいったんは残されるため、元に戻したいメールを選択すれば復元可能です。

ただし、Webメールのゴミ箱に移動したメールデータは、一定期間が経つと自動的に削除されるため、注意しておきましょう。

ゴミ箱からも削除されると、復元はほぼ不可能になってしまいます。

Outlookなどのメールソフトを使用している場合も、同様にデータ削除後はゴミ箱に移動します。この時点で元に戻せば復元できますが、もし完全削除をしてしまった場合は、やはりメールの復元は困難です。

社内メールであれば、上司や同僚に頼んで削除してしまったメールを再送してもらうことも期待できます。
しかし、取引先など社外からのメールを削除してしまった場合に、送り直してもらうのは大変失礼なことです。

いずれのケースにしても、自分の信用を失ったり相手に迷惑をかけたりすることにもなってしまいかねません。

完全削除されたメールの復元を個人で行うことは非常に難しい傾向です。
そのため、どうしても必要であれば専門業者に依頼するのがよいでしょう。

テレワーク中のメールデータ削除は復元できる

テレワークが全国的に広まっているなか、メールでのコミュニケーションやデータのやり取りが増えてきました。

以前よりもメールの重要性が高まったせいか、データ削除などのトラブルから「メールを復元したい」という業者への問い合わせも増加しています。

新型コロナウイルスの影響もあって、必ずしも良いとはいえない経済状況のため、メールのトラブルによって業務が滞ったりビジネスチャンスを失ったりするのは大きなマイナスです。

そのため、テレワーク中に誤ってメールデータ削除をしてしまったときは、速やかに専門業者に相談してみましょう。

データ復元の技術を使えば、ゴミ箱からデータ削除されたメールも復旧できる可能性があります。

選ぶなら安心信頼の技術

一つでも多くの確かな証拠データを割り出すために、信頼の技術力を持った当社をお選びいただくことをおすすめいたします。

メルジックは

特急データ復旧ウィンゲットが運営しています

データ復旧の実績 累計60,000件 データ復旧専門10 年以上の経験で培った高度な技術と、信頼のサービスでお選びいただいております。出張サービスを業界内でもいち早くスタートさせ、お客様のニーズに合わせたサービスでご満足いただいております。 特急データ復旧ウィンゲット公式サイトはコチラ

オフィスは主要都市に6拠点
全国に受付窓口が185箇所あり

弊社は北海道(札幌)、東京都(秋葉原)、神奈川県(横浜)、愛知県(名古屋)、大阪府(梅田)、福岡県(博多)に6店舗がございます。
また弊社は受付窓口として全国に185箇所代理店がございます。
PCの調査で、どのようなことができるのかご不明点やご不安点を解決いたします。 お近くで相談されたいお客様は、ご予約のうえ、ご来店ください。

店頭では、デジタルフォレンジックのご相談を伺い、専門スタッフがお客様のご要望に合わせたサービスをご提案いたします。

店舗への来店が難しい地域の方々には、上記店舗へ機器を郵送していただく【郵送受付】も行っております。なるべくお客様の近くで対応できるよう、各店舗を設けております。

全国の受付窓口

-データ復旧, データバックアップ, 長期保存, ハードディスク(HDD), パソコン(PC), Mac, サーフェス(Surface), メール復元, メール削除, テレワーク
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

退職者に消されたメールの復元実例と対処方法をご紹介

弊社には「退職者が使用していたPCからメールデータを削除していった」というお問い合わせが数多くあります。その中からメール復元サービス「メルジック」にてメールデータの復旧に成功した事例を紹介いたします。 …

テレワーク中のメール管理とセキュリティ対策はどうすればいい?

新型コロナウイルスの影響により、仕事のテレワーク化が進んでいます。 対面で交わされていた仕事上のやりとりも、インターネットを通じておこなわれることが増えました。その主役を担うのはメールです。 しかし、 …

重要なメールを間違えて削除してしまった! 元に戻すことはできる!?

インターネットが発達し、チャットツールやウェブミーティングを使用するなど、コミュニケーション手段は多種多様になりました。しかし、依然としてメールが使われるシーンは多く、各企業にとってメールデータの重要 …

実録!退職者による不正の調査事例(製造業編)

近年、一般的な法的トラブルにおいて削除したデータファイルやメール、チャット記録、コンピューターへのアクセスログ、インターネットの閲覧履歴といった『デジタル証拠』が使われる事が多くなっています。 その中 …

削除されたメールを復元すると何が分かる?

Contents1 データのトラブルは、「機械の故障」だけにあらず!2 「フォレンジック調査」とは?2.1 どんなメールソフトから復元や調査ができるの?2.2 「メールフォレンジック調査」はどんな時に …