パソコンのゴミ箱から削除したファイルやメールは復元できる? – メール・ファイル復元 | 企業の不正調査

データ復旧 データ復旧の技術 ハードディスク(HDD) パソコン(PC) Mac サーフェス(Surface) メール復元 メール削除

パソコンのゴミ箱から削除したファイルやメールは復元できる?

投稿日:2020年9月10日 更新日:

パソコンには、さまざまなファイル形式のデータがあります。
文書や表計算、画像や音楽、動画など、パソコンの中身はデータの集合体といっても過言ではありません。

これらのデータを削除したとき、一部を除いていったんはゴミ箱に保管されるため、そこから元に戻すことは可能です。

しかし、ゴミ箱内のファイルを削除してしまった場合は、もう復元はできないのでしょうか。今回は、その疑問について解説します。

ファイルやデータが増えすぎるとパソコンの調子が悪くなる

パソコンを購入してから長く使用していると、データがどんどん増えていき、いつかはHDDの空き容量がなくなります。

スマホやデジカメで撮影した写真や動画をパソコンで保存する人も多い傾向ですが、画像や動画は特にファイルサイズが大きい傾向です。

また、アプリケーションソフトをたくさんインストールすれば、データファイルも膨らんでいきます。
さらに、メールのやり取りにおいても画像ファイルやPDFファイルなどが添付されていれば、メールボックスのデータ量が増えてHDDを圧迫しかねません。

HDDの空き容量が少なくなってくると、パソコンの挙動が不安定になりやすいため注意が必要です。

パソコンが不安定になる前にデータを削除

容量不足でパソコンの調子が悪くなる理由は、主に2つあります。

1つ目は、仮想メモリとして使える領域がなくなることです。
パソコンは、主な作業領域のメモリが足りなくなったとき、HDDの一部を仮想メモリとして使用します。
メインメモリのキャパシティを超える大きなデータを処理する場合には、仮想メモリが必要となり十分な空き容量がないと動作が極端に遅くなるのです。

2つ目は、ファイルの断片化が発生することです。
HDDがデータで埋まってくると、新たに書き込みをする場所がひとまとまりで確保できなくなり、大きなファイルデータを複数の小さな空き領域に記録せざるをえません。
このように、1つのファイルが飛び飛びの状態で書き込みされた状態がファイルの断片化と呼ばれ、読み込みが非常に遅くなります。

パソコンの不安定化を避けるためにも定期的にデータ整理をすることが大切です。しかし、単に削除しただけではゴミ箱に移動するだけで、空き容量は増えません。これを解消するには、ゴミ箱からも完全に削除する必要があります。

ゴミ箱からファイルを完全削除しても復元は可能?

ゴミ箱に削除したファイルやデータが残しておけば、あとから必要になったときでも元に戻せます。
そのため、できるだけゴミ箱から完全削除をすることは保留しておきたいものです。

しかし、容量不足の場合は、パソコンの動きが悪くなるだけでなく警告メッセージが出るなどして通常の使用がままならなくなります。

外付けHDDなどの外部記憶デバイスを持っていなければ、ゴミ箱からも完全削除するほかありません。しかし、完全削除したあとに、「やはり必要なデータだった」と気づいても復元することはできないのでしょうか。

ファイルやデータが完全に削除された場合でも、その痕跡はHDD上に残されています。

そのため、市販の復元ツールなどを用いればデータの復旧は可能です。
ただし、データの痕跡に別のデータの上書きが行われると復元が難しくなります。

完全削除してからも、空き容量がそれほど増えていなければ即座に上書きが行われる可能性が高く、データ復旧に失敗しやすい傾向です。復元ツールでうまくいかなかったときは、デジタルフォレンジックなどの専門技術を試みる以外に方法はありません。

メールを完全に削除した場合はどうなる?

Outlookで複数のメールアドレスを一元管理していると、メールデータが膨大になってしまうことがあります。

なぜなら、業務に必要なドキュメントが添付された仕事のメールや、画像や動画が添付された家族や友人からのメールなど、ファイルサイズが大きいものが多く含まれるからです。

同じパソコンを数年間使ってメールの送受信をしていれば、メールボックスの中身が肥大化するため整理が必要になってきます。

メールを削除しても、いったんはゴミ箱に移動するだけのため、パソコンの容量の関係からゴミ箱からも完全に削除する場合も必要でしょう。

しかし、大切なメールを消してしまったり、もう一度消したメールを見たくなったりしたときに、復元することはできるのでしょうか。

Outlookに転送しているWebメールの復元の場合、ブラウザからアカウントとパスワードを入力して該当のメールサービスにログインすることで元のメールを確認できます。
もちろん、元のWebメールを完全削除してしまっていた場合は、復元はできないため注意してください。

一方、プロバイダメールをゴミ箱からも削除してしまった場合の復元は、非常に困難です。
メールの受信が行われた時点でプロバイダのメールサーバーからデータが消去されるため、基本的に再受信を行うことはできません。
そのため、パソコンにしか残っていないメールをゴミ箱からも削除すると、通常の方法では取り戻すことが不可能になります。

どうしても取り出したい場合は、データ復元の業者に依頼するなど、専門家の技術が必要です。

ゴミ箱から削除したファイルやメールの復元は専門業者に相談しよう

1つのパソコンを長く使っていると、HDDの空き容量不足などの理由でファイルやメールをゴミ箱からも削除してしまう必要が出てきます。

あらかじめバックアップをとっていないケースも多い傾向のため、あとで「しまった!」と気づく人も多いのではないでしょうか。

削除してしまったデータが、仕事で使う大切な文書ファイルであったり、かけがえのない思い出の写真や動画であったりした場合、なんとかして復元を試みたいものです。
ゴミ箱から削除したファイルやメールでも、専門技術を駆使すれば復旧できる可能性があります。まずは、データ復元の専門業者のMELSICに相談してみてはいかがでしょうか。

 

-データ復旧, データ復旧の技術, ハードディスク(HDD), パソコン(PC), Mac, サーフェス(Surface), メール復元, メール削除
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

消えたデータが復旧できる仕組み

Contents1 誤ってデータを消してしまった2 ごみ箱からもデータを削除してしまった場合3 ごみ箱を経由せずに直接データを削除してしまう場合4 データ復旧が難しくなる場合5 データが消えたことに気 …

GmailやYahooメールなどフリーメールのメリット・デメリットと復元方法

今や多くの人が1人で複数のメールアカウントを持つ時代となりました。ここまで電子メールが普及したのは、GmailやYahooメール、Hotmailといったフリーメールの存在が大きいといえるでしょう。 こ …

添付ファイルから見える真実とは?

Contents1 「データ」にもトラブルはつきもの1.1 その前に「メールフォレンジック調査」はどんな時に行うの?2 メールフォレンジック調査事例2.1 不正取引の証拠を掴みたい!2.2 メールデー …

Outlookのデータファイルが壊れてメールが送れない!データ復元の方法は?

Outlookを社内パソコンのメールクライアントとして採用している企業は、多い傾向です。ビジネスでの使用率が高い分、Outlookに関するトラブル報告も少なくありません。 特に、連絡先や予定表を含むデ …

【システム管理者向け】メールによるトラブルを防ぐセキュリティ対策

電子メールは、企業内外の連絡手段として頻繁に使われています。 そのため、外部からの不正メールや内部からメール経由の情報漏えいなどに対して、システム管理者はセキュリティ対策をとっておかなければなりません …