SSDを搭載したパソコンのメールが消えた!どうすれば復元できる!? – メール・ファイル復元 | 企業の不正調査

データ復旧 セキュリティ対策 データの実績 ハードディスク(HDD) パソコン(PC) Mac サーフェス(Surface) メール復元 メール削除

SSDを搭載したパソコンのメールが消えた!どうすれば復元できる!?

投稿日:2020年9月1日 更新日:

HDDに代わり、パソコンの記憶装置としてSSDが搭載されるようになってきました。
SSDは、HDD に比べてアクセススピードが速く、消費電力も少ないので人気です。しかし、データが消失した際、HDDと同じように復元は可能なのでしょうか。

今回は、SSD搭載パソコンを使用している際、メールデータが消えたときの復元方法について解説します。

SSDの特徴

SSDは、Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略称で、HDDのような磁気ディスクではなく、メモリーチップを媒体にしたパソコンの主記憶装置です。もとは、記憶容量の小さいSSDでしたが、技術革新によって容量が増えたことで多くのデスクトップパソコンやノートパソコンで採用されるようになりました。

HDDに比べてデータの読み書きが高速で、特にパソコンの起動時にその力を発揮します。SSDは、消費電力も少ないため、ノートパソコンにおいてはSSD搭載機のほうがHDD搭載機より電池の持ちが良い傾向です。

さらに、SSDはディスクの回転音などもないため、静音性にも優れています。発熱量も小さいため、パソコンが高温になりにくいなど、メリットはさまざまです。

もちろん、SSDにもデメリットはあります。SSDの記憶容量が増えてきたとはいっても、HDDに比べると依然として少なく、同じ容量帯で比較するとSSDのほうが高価です。

しかし、目立ったデメリットはそのくらいでHDDよりも衝撃に強く、耐熱性や耐久性も高いため、今後ますますSSDの採用率は高まっていくでしょう。
ビジネス、プライベートのどちらでもSSDパソコンを使う機会が増えると予想されます。

SSDパソコンでよく使われるメール

SSDは、HDDより省スペース・省電力で衝撃にも強いため、一般的にはノートパソコンやタブレットPCに採用されることが多い傾向です。

そのため、SSD搭載のパソコンでよく使われるメールとは、ノートパソコンやタブレットPCで使用率の高いメールソフトを考えることになります。

持ち歩いて使える端末の場合、GmailやYahoo!メールなどのWebメールを使用する傾向のため、メールソフトをわざわざインストールしない人も多いのではないでしょうか。

インターネットに接続できる状態で、アカウントとパスワードさえ入力すれば、場所や端末を問わずメールの送受信や確認ができるのがWebメールの便利なところです。

SSD搭載のパソコンを仕事で使っている場合、Outlookをインストールしている人は多いのではないでしょうか。

ある調査では、「日本のビジネスパーソンの約35%がOutlookを使用している」という結果が出ています。

ノートパソコンや、タブレットPCを外出時のサブ端末として使っている場合は、Outlookをサブ端末にも入れることで職場のデスクトップパソコンと同期させることができます。


出先でメールチェックをしたり、スケジュール確認をしたりすることができるため非常に便利
です。

SSDパソコンでメールが消えるケース

Webメールを使っている場合、メールがシステムエラーなどで勝手に消えることはまずありません。
使用者が手動でメールを削除しても、ゴミ箱フォルダにいったん入るため、そこで完全削除をする前であれば復元することができます。

ただし、ほとんどのWebメールではゴミ箱に入ってから一定期間が過ぎると完全削除が自動で行われる傾向です。

完全削除が行われると、パソコンにはメールデータの痕跡が残りません。
そのため、復元ツールなどを使用しても復旧させることはほぼ不可能です

一方、Outlookなどのメールソフトを使用している場合は、完全削除後にもパソコンにメールデータの痕跡が残っています。何らかの原因でメールソフトが起動しなくなったり、メールデータが破損したりしても、同様にその痕跡を調査すればデータ復元が可能です。

Webメールをメールソフトに転送して使っていた場合は、Webメール内の消えてしまったメールを回復させることもできます。

SSDパソコンのメールを復元するには

メールを削除しても、パソコン内部では該当のデータをその都度消去しているわけではありません。
わかりやすくいうと、見えないようにしているだけです。

本当に消えるタイミングは、削除されたデータ領域に別のデータが上書きされたときです。そのため、間違えて完全削除をしたり、必要なメールが消えてしまったりしたあとは、上書きが起こらないようにパソコンの操作を控え、データ復元作業をすみやかに行わなければなりません。

特に、SSDを搭載しているパソコンの場合、HDDよりも容量が小さいために上書きがなされるまでの時間が短いです。

自分でどうにかしようと誤った操作を続けていると、その間にデータが上書きされて復旧できなくなる可能性があります。こういった場合は、できるだけ無理をせずデータ復元の専門業者に相談したほうがよいでしょう。

SSDパソコンで消えたメールは専門業者に復元依頼を

SSDは、多くのパソコンに採用されてきています。

高速で省電力など多くのメリットがある一方で、メールなどの重要なデータが消えたときは慎重に復元しなければなりません。

なぜなら、データ復旧の際、消えたデータの痕跡を調査しますが、そこに上書きが起こってしまうと復元が難しいからです。

SSDは、上書きされるタイミングが早いため、そのままパソコンの使用を続けていると取り返しがつかないことになりかねません。

SSD搭載のパソコンを使用していて、Outlookのようなメールソフトを使用しているなら、まだ復旧の見込みはあります。

大切なメールが消えてしまったら、すみやかにメール復元の専門業者のMELSICに相談するのがおすすめです。



-データ復旧, セキュリティ対策, データの実績, ハードディスク(HDD), パソコン(PC), Mac, サーフェス(Surface), メール復元, メール削除
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

迷惑メールを受信しない為の対策方法 ウイルスメール・フィッシングメール・スパムメール・標的型メール

社内やプライベートでメールを利用することは多々あると思います。そんな中、 メールアドレスを教えた覚えがない相手や、登録した覚えがないWebサイトから大量に迷惑メールが届くことはございませんか?その内容 …

デジタルフォレンジックで復元できるのはメールだけではない

Contents1 メール以外に復元できるものは2 データ復旧とデジタルフォレンジック技術の違い3 デジタルフォレンジックの種類4 デジタルフォレンジックの手順5 ZIPファイルの復元も可能6 圧縮デ …

メール送信できない時の原因と対処方法を解説

社内やプライベートでメールをご利用される方は多いと思います。そんな時にこんな問題が起きたことはありませんか?・メールの送信ができない・メールを送信してもエラーメッセージを受信して内容がわからないなど感 …

添付ファイルから見える真実とは?

Contents1 「データ」にもトラブルはつきもの1.1 その前に「メールフォレンジック調査」はどんな時に行うの?2 メールフォレンジック調査事例2.1 不正取引の証拠を掴みたい!2.2 メールデー …

社員が不正取引の疑い!?削除されたメールデータの復旧調査

私たちの生活に欠かせない医療機関。そこで使われている医療機器の多くは、一般法人の医療機器メーカーが製作、販売しています。医療機器メーカーは病院から提出される臨床データをもとに開発を行うこともあり、徹底 …