「データが消えた!?」データ復旧業者が教えるやってはいけない3つのこと – メール・ファイル復元 | 企業の不正調査

データ復旧 データ復旧の技術 デジタルフォレンジック ITお役立ち情報 ITの最新技術 RAID・NAS ハードディスク(HDD) パソコン(PC) Mac メール復元 メール削除 不正取引

「データが消えた!?」データ復旧業者が教えるやってはいけない3つのこと

投稿日:

ハードディスクの故障や寿命、誤操作でデータを消してしまったなどデータが「消えてしまう」「消してしまう」ご相談を多くいただきます。
バックアップがあればデータを戻すこともできますが、そうでない場合に適切な対応を行わないとデータ復旧できる可能性を落としてしまい最悪データ復旧ができないこともあります。

そこで消えてしまったデータの復旧率を落とさないための対応についてご紹介します。

データ復旧の成功率を落とさないためには

データ復旧というのはデータの痕跡を集めて解析してデータを復元することをいいます。何かしらで痕跡が上書きされてしまうとデータの復旧ができません
そのためにやっていけないことがあります。これらを破ってしまうと復旧できない確率が非常に高くなるため、安全にデータ復旧を行なうためには必ず守るようにしましょう。

すみかやに電源を落としそれ以上触らない

データの消失に気づいた場合、パソコンであれば使用し続けるのはだめです。異常や消失に気づいたら、すぐにパソコンの電源を落としましょう。
NASやサーバの場合、共有で使用しているためすぐに機器の電源を切ることは難しいかもしれませんが、その間にもどんどん上書きがされていきます。データ復旧のことを考えればすみやかな使用停止と電源を落とすことが必要です。
電源の入り切りを何度も行うのもデータの上書きが発生しますので控えるようにしてください。

調べものは別のパソコンで行う

痕跡の上書きを防止する意味で情報を調べたりすることをデータが消えたパソコンで行うことをしてはいけません。別のパソコンで行うようにしてください。

システムの復元、初期化は絶対にしていけない

システムの復元、初期化それ自体がデータの痕跡を上書きすることになりますので行わないようにしてください。

メールの復元はどうする?

使用されるメールソフトによってデータの保存の形式が違います。

Windows Live Mailなどメールを1通づつパソコン内に保存するタイプなので比較的消えてしまったデータを復旧できる難易度は若干低いです。
しかし、OutlookやThunderbirdのようにメールを入れるボックスを用意し、それを圧縮して保存するタイプの場合はデータ復旧が困難になります。
メールをボックス化するタイプの場合、メール1通を誤って消去してもパソコンにはボックスが残っているために、消えたデータ扱いされないため通常は難易度が高いのです。
通常の方法ではデータ復旧することができませんが、データ復旧ではなくデジタルフォレンジックの技術を用いることで高度なメールボックス内の解析から消してしまたメールの復旧も可能となります。

特に退職者が不正を行い争うようなケースですと、メールは重要な証拠になりうる場合がございます。
ですから自分たちで何かするようなことはデータ復旧の成功率を落とすことになりかねませんので、デジタルフォレンジック業者に専門的な復元や調査を任せれば、難しい証拠データであっても解決できるはずです。

「メルジック」は多数のデータ復元実績がありますので、まずはお問い合わせください。

-データ復旧, データ復旧の技術, デジタルフォレンジック, ITお役立ち情報, ITの最新技術, RAID・NAS, ハードディスク(HDD), パソコン(PC), Mac, メール復元, メール削除, 不正取引
-, ,

執筆者:

関連記事

その削除メール!データ復旧技術で復元ができなくても【デジタルフォレンジック技術】で復元可能かもしれない⁈

特急データ復旧Winget!では、メールの復旧に特化したメルジックというサービスがございます。メルジックはデジタルフォレンジック技術を用いております。フォレンジックとは、直訳すると「法廷の」という意味 …

GmailやYahooメールなどフリーメールのメリット・デメリットと復元方法

今や多くの人が1人で複数のメールアカウントを持つ時代となりました。ここまで電子メールが普及したのは、GmailやYahooメール、Hotmailといったフリーメールの存在が大きいといえるでしょう。 こ …

【メルジック】Outlookのメール調査・復元実績

メルジックはデジタルフォレンジック技術を用いてパソコンのメール履歴の調査・復元を行うサービスです。フォレンジックとは、直訳すると「法廷の」という意味です。法的な証拠を見つけるための鑑識調査や情報解析に …

フォレンジック調査を依頼するためには?~デジタルフォレンジック調査の流れをご紹介~

Contents1 はじめに2 デジタルフォレンジックの基本的な流れ2.1 1.お問い合わせ2.2 2.ご相談2.3 3.保全作業2.4 4.調査・解析2.5 5.報告3 まとめ はじめに 近年、ご依 …

退職者が顧客情報を持ち出し Thunderbirdからのメール復元・調査事例

近年、あらゆる情報が紙媒体からデジタルデータに移行してきました。デジタルデータは編集や複製は勿論、メール等での送受信による受け渡しも非常に安易です。しかし、利便性故に不正行為に使用されてしまうことも少 …