添付ファイルから見える真実とは? – メール・ファイル復元 | 企業の不正調査

データ復旧 データ復旧の技術 デジタルフォレンジック データの実績 ハードディスク(HDD) パソコン(PC) Mac サーフェス(Surface) メール復元 メール削除 不正取引 情報漏洩

添付ファイルから見える真実とは?

投稿日:

「データ」にもトラブルはつきもの

私たちの身の回りでは、様々な情報が「データ」として存在しています。
今や離れた人や、会社とのやり取りは書面より「メール」などの電子メッセージを利用する方も多いのではないでしょうか?
しかし、情報がどのような形に変わっても「不正」や「トラブル」はつきものです。

今回は数ある「 メールフォレンジック調査 」事例から、「メールデータ」「添付ファイル」に関する調査をご紹介します。

その前に「メールフォレンジック調査」はどんな時に行うの?

メールデータの復元・調査は主に「不正取引に関する調査」の際、行われることが多いです。
具体的には、「退職者が故意に消したパソコンのメールデータ」や「進行中の取引に不整合が生じた際」などが上げられます。
調査した内容は、「証拠」として活用され、時には重大なトラブルを知る場合もありますし、未然にトラブルを防ぐことになる場合もあります。

AndroidやiPhoneなどのスマートフォンに標準搭載されているメールデータや、アプリケーション内のメッセージ履歴などは復元が難しい場合が多くあります。

メールフォレンジック調査事例

実際に行ったメールデータの調査事例をご紹介します。

不正取引の証拠を掴みたい!

とある、システム制作会社にて小規模な個人情報の漏洩事故が発生しました。
実際、情報を漏洩してしまったのは、今回ご依頼いただいた システム制作会社 様ではなく、提携会社様から情報が流出してしまっておりました。
今回流出した情報は本来、提携会社様には存在しない情報でした。
システム制作会社様の社内調査では、電子メールにでのよるやり取りで不正にデータのやり取りをしている可能性が高く、事故に関係すると思われる担当者のパソコン内のメールを確認しましたが、決定的な証拠は見つかりませんでした。
しかし、メールデータの送信履歴で不自然に抜けている日にちもあり、
本格的な「メールフォレンジック調査」を実施し、決定的な証拠を掴むためご依頼をいただきました。

メールデータ調査の結果

今回、復元・調査を実施したのは 「Microsoft Outlook」 のメールデータでした。 結果、削除された過去1年分のメールデータを抽出することができましたが、メールデータの本文は情報が破損してしまい調査ができない状態でした。
しかし、メールデータと共に検出したExcelの添付データを確認したところ、今回流出した個人情報のファイルであることを確認しました。
この結果から、不正に機密性の高いExcelデータを持ち出し、個人の利益のために提携会社へデータを渡した事が判明致しました。

真実をはっきりするために

上記でご紹介したように、「メールフォレンジック調査」を行うと、見えてこなかった「真実」をはっきりさせることができます。
更に、メールデータだけに限らず添付されているExcelやWord、zipファイルなどの圧縮ファイルも復元し、証拠として利用することも可能です。
業務に進行に欠かせないデジタルデータが増えている今だからこそ、データトラブルに対してより専門的な「メールフォレンジック調査」が非常に大切なのです。

メールフォレンジック調査を行うには?

意図的な削除はもちろん、初期化されたパソコンやデータの上書き、細工が行われたデータに対しても、「メールフォレンジック調査」が有効です。
メールデータに関して疑問やご不安な点がありましたらお気軽に「メルジック」へ問い合わせください。
皆様の問題解決に真摯に取り組んでまいります!

-データ復旧, データ復旧の技術, デジタルフォレンジック, データの実績, ハードディスク(HDD), パソコン(PC), Mac, サーフェス(Surface), メール復元, メール削除, 不正取引, 情報漏洩
-,

執筆者:

関連記事

Outlookからメールが消された!退職者が不正に使用したメールデータの復元に成功

Contents1 退職者の不正が発覚。顧客情報を持ち出した可能性2 Outlookのメールを確認したら・・・ 3 デジタルフォレンジックでメールデータの復元に成功4 他社で出来なかった理由とデジタル …

パソコン・メールの不正調査 ~デジタルフォレンジック技術~

Contents1 はじめに2 デジタルフォレンジック調査では何ができる?2.1 事例3 まずはご相談ください はじめに ITが発達し、ビジネスにおいてはパソコンを一人一台、あるいは一人で複数台を使用 …

証拠が欲しい!退職社員による削除メールの復旧調査

Contents1 不正の証拠はどこにある?2 メールデータは十分な証拠3 お預かり、復旧、調査4 お困りの際はリプラスへ 不正の証拠はどこにある? 先日、弱り果てた様子のお客様からお問い合わせがあり …

顧客情報が漏洩した!?証拠となるメールデータを復元するには?

顧客情報の漏洩は、どんな企業にとっても致命的なトラブルです。 セキュリティにコストをかけた堅牢な自社サーバー内で顧客情報を管理していたとしても、悪意ある社員が流出させるケースがあります。 メールで顧客 …

退職者がメールで不正取引!?削除されたメールの復元や調査は可能か

「退職者が金銭を見返りに、ある業者と不正取引をおこなった」という情報を得たら、退職者が使用していたPCのメールソフトなどを調査することになるでしょう。 しかし、退職者の不正調査をしようとしても、すでに …