社員が不正取引の疑い!?削除されたメールデータの復旧調査 – メール・ファイル復元 | 企業の不正調査

データ復旧 データ復旧の技術 デジタルフォレンジック BCP対策 セキュリティ対策 データの実績 ITお役立ち情報 ITの最新技術 サーバ ハードディスク(HDD) パソコン(PC) サーフェス(Surface) USBメモリ・フラッシュメモリ メール復元 メール削除 不正取引 情報漏洩 テレワーク

社員が不正取引の疑い!?削除されたメールデータの復旧調査

投稿日:2020年11月9日 更新日:

私たちの生活に欠かせない医療機関。
そこで使われている医療機器の多くは、一般法人の医療機器メーカーが製作、販売しています。
医療機器メーカーは病院から提出される臨床データをもとに開発を行うこともあり、
徹底して情報管理がされています。

今回は、そんな医療機器メーカーで起こった不正行為を例に、メールデータ削除についてご紹介いたします。

ある医療機器メーカーからの削除されたメールの復元依頼

先日、ある医療機器のメーカー様より、
削除されたメールを復元できないかという依頼をいただきました。

というのも、
以前は売上が低調だった社員Aが、ここ3カ月の間トップの売上成績を上げるようになったからです。
それ自体は非常に喜ばしいことなのですが、
他の社員に比べ、売り上げになった取引先が少なく、上司の方は不審に思ったそうです。

気をつけて見ていると、
電話のやり取りの際も声が小さかったり、
オフィスフロアでなくバックヤードでこそこそと電話をすることが目立ち、
他の社員の目を避けるような行為が目に止まりました。

これはおかしいと確信した上司の方は、社員Aが退社したのを見計らい、
社員Aが使用しているパソコンをチェックすることにしました。

メールのやりとりに不審

上司が社員Aの使用していたパソコンを確認をした結果、
社員Aの顧客の一部において、メール送受信の記録が全くないことに気づきました。
その一部の顧客とは、社員Aの売上の中核となるお客様でした。

なぜこの顧客だけメールのやり取りが無いのか。
もしかすると社員Aが不正な取引をしているのではないかとご担当者様は勘づきました。

そこで、どうにかして削除されたメールを復元し、不正なやり取りが行われていないか、
それに関連しているメッセージを意図的に消しているかどうかを調査できるサービスを探したところ、
MELSIC(メルジック)にたどり着いたのです。

ご相談いただいた時点では、不正の証拠は何もなく、あくまで疑いの状態でした。
そこで、社員Aに気付かれないよう、
休日の間に該当のノートパソコンのクローン(複製)を作成し、
時間のかかる解析はそのクローン(複製)から行いました。

社員Aの使用していたノートパソコンのクローンを作成しておけば、
クローン作業後、社員Aがいつもと変わらず業務を再開している傍ら、
弊社の解析機でクローンディスクからメールデータの解析を行うことができます。

そして解析の結果、問題の顧客とのやり取りを含む削除されたメールが数多く出てきました。

この件を社員Aに問いただしたところ、
社員Aは意図的にメールを削除したことや不正を行ったことを認めました。

メールの解析調査

今回のように、削除されてしまったメールも復旧が可能です。

一般的にはメールソフト上で完全削除された場合でも、
PCのアプリケーションフォルダを参照し、
圧縮されたメールデータを取り出せば復元できることもあります。
この場合は、データ復旧ができる市販のソフトやフリーソフトを使用するのも一つの手です。

しかし、仮に市販のソフトやフリーソフトで復元を試しても、
様々な要因から復旧できないケースが多いのが現状です。

また、対象となる社員がパソコンに関する知識をある程度有している場合、
アプリケーションデータから圧縮データを削除するなど、
復元しにくい方法でデータを削除していたり、
「パソコンにトラブルがあった」と言ってPC自体をフォーマット(初期化)していることがあります。
このように消去をされると、復元はもっと難しくなります。

そのような場合は、
専門業者が行う「デジタルフォレンジック」という技術に頼るのがおすすめです。

お困りの際はリプラスへ!

デジタルフォレンジックでは、
こちらの記事(デジタルフォレンジックはどんなことするの?技術内容を伝えます)
にも紹介されている技術を用い、データ復元・解析を行います。

メールデータの調査や解析、遺留品であるPCのメール調査のみならず
退職者が削除・消去したメールデータの復元から調査まで一手に行うことが可能です。

お困りごと、疑問やご質問などありましたら、
お気軽にMELSIC(メルジック)へお問い合わせください。



-データ復旧, データ復旧の技術, デジタルフォレンジック, BCP対策, セキュリティ対策, データの実績, ITお役立ち情報, ITの最新技術, サーバ, ハードディスク(HDD), パソコン(PC), サーフェス(Surface), USBメモリ・フラッシュメモリ, メール復元, メール削除, 不正取引, 情報漏洩, テレワーク
-, , ,

執筆者:

関連記事

新バージョンのOutlookへメールデータを移行するときの注意点とは?

パソコンを買い換えたときは、インターネットの設定や写真・音楽・動画などのデータファイルの引っ越しなど、これまでのパソコン環境を引き継ぐ作業がともないます。メールデータの移行もそのひとつですが、やり方が …

パソコンのゴミ箱から削除したファイルやメールは復元できる?

パソコンには、さまざまなファイル形式のデータがあります。文書や表計算、画像や音楽、動画など、パソコンの中身はデータの集合体といっても過言ではありません。 これらのデータを削除したとき、一部を除いていっ …

データの持ち出し?データの改ざん?証拠隠滅?社員の不正を見つけたら

「金銭の着服」、「備品の横領」、「情報の流出」、「データの改ざん」、「取引先との不正やりとり」 社員や退職者が不正なことを行っている可能性がある時は、はっきりとした証拠をおさえることが必要です。証拠は …

デジタルフォレンジックで復元できるのはメールだけではない

Contents1 メール以外に復元できるものは2 データ復旧とデジタルフォレンジック技術の違い3 デジタルフォレンジックの種類4 デジタルフォレンジックの手順5 ZIPファイルの復元も可能6 圧縮デ …

大事なメールが消えてしまった・・・!Outlookのメール復旧事例

Contents1 大事なメールが消えている・・・2 ある製造業での事例2.1 MELSICへメール復元依頼3 Outlookのpstファイルの特徴4 メール復元なら「MELSIC(メルジック)」 大 …