重要なメールを間違えて削除してしまった! 元に戻すことはできる!? – メール・ファイル復元 | 企業の不正調査

データ復旧 クラウド データバックアップ バックアップ方法 データ保存の豆知識 ITお役立ち情報 パソコン(PC) データ保全 メール復元 メール削除

重要なメールを間違えて削除してしまった! 元に戻すことはできる!?

投稿日:2021年2月19日 更新日:

インターネットが発達し、チャットツールやウェブミーティングを使用するなど、
コミュニケーション手段は多種多様になりました。

しかし、依然としてメールが使われるシーンは多く、
各企業にとってメールデータの重要性は高いです。

取引先との大切なメールを誤って削除してしまった場合、
是が非でも復元しなければならないでしょう。

今回は重要なメールを削除したときの解決方法について説明します。

メールを削除するときとは?

メールそのものはテキストデータかhtmlファイルがほとんどなので、
データサイズの大きいファイルが添付されていなければ、
さほど容量を圧迫するものではありません。

そのため、プライベートのメールは一度も削除したことがない人も少なくないでしょう。

一方、ビジネスで多くの顧客と頻繁にメールのやり取りを行っている場合は、
数年間で膨大な受信数になりますから、定期的にフォルダ整理や削除をする必要が出てきます。

迷惑メールや重要度の低いメールはこまめに処分して、
受信トレイをすっきりさせておくのも仕事の効率化の面では大切です。

同じメールアカウントを継続して使用しているなら、
蓄積されていく受信メールの数は相当なものになります。
送信済みメールも同様です。

メールデータを整理せずに放置しておくと、
メールアプリの動作が重くなったり思わぬエラーが起こったりするなど、
いずれは不要なデータの削除をしなければならない事態が発生します。

こういったメールデータの削除の際に、
ケアレスミスや誤操作で大事なメールまで消してしまう事例が起こりうるのです。

重要なメールデータを削除してしまった事例

個人使用で、今までのメールを日々の記録として大切に保管していた方が、
フォルダ整理をする際に間違えて削除の一括処理をしてしまいました。

空になったフォルダを見て途方に暮れていたところ、
パソコンに詳しいその方の息子が窮地を救いました。
彼はゴミ箱に一時保存されていたメールデータを見つけ、それを元に戻すことで削除前の状態へ復帰させたのです。

日常的にパソコンを使っていても、
普段行わない操作については知識を持っていないことが多いものです。
通常の削除なら一定期間はゴミ箱にデータが保持されるので、
間違ってメールを消したときはゴミ箱フォルダを確認しましょう。


 

受信メールを自分では削除した覚えがないのに消えてしまった事例もあります。

本人の誤操作や設定ミスもありえますが、
どちらにせよ単に削除しただけなら前述の事例のようにゴミ箱に入るだけですから復旧は可能です。

しかし、このケースではゴミ箱にもなく、完全にパソコンからメールデータが姿を消してしまった状態でした。
専用ツールを使って復元を試みるも直近1カ月分までしか戻せず、
重要なメールを大量に失うこととなりました。

データが大きくなりすぎたことによるメールソフトの自動一括処理や、
マルウェアやウイルスなどの感染もしくは悪意の第三者による操作なども考えられますが、
このような原因不明のデータ消失の事例があることも念頭に置いておきましょう。

削除したメールがゴミ箱から復元できないとき

単純な削除であれば「ゴミ箱」や「削除済みアイテム」の中に一時保存されます。
保存期間内に「元に戻す」ことで簡単に復元できます。

ただし、ゴミ箱に残らずにいきなり完全削除となるケースもあります。
フォルダからファイルを削除するときに、
ShiftとDeleteを同時押しするとゴミ箱を経由しない完全削除になります。

例えば、メールアプリのプログラムフォルダ内から直接PSTファイルを消す作業をする際などに、
普段からこのショートカットを使用している方はうっかり完全削除をしないように注意するべきです。

また、ゴミ箱にも保存できる容量の制限があります。
もちろん設定で変えられますが、
初期値のままだと入り切らないケースも出てくるでしょう。

ストレージに制限があるので無限に保持するわけにはいきません。
したがって、それを超過する大きなデータだとそのまま完全に削除されます。

また、以前に自分で保存期間を短くしていたり、
ゴミ箱を経由しないで完全削除する設定にしたりしたことを
忘れてしまっていることもあります。
ゴミ箱の設定がどうなっているか確認しておきましょう。

クラウドメールでの削除にも注意が必要

無料で登録でき、アカウントとパスワードさえ入力すれば
どの端末からでも使用可能なのがクラウドメールです。

利用者数は非常に多く、一人で複数のアカウントを使用していることも珍しくありません。

これらのクラウドメールでもゴミ箱に一定の保持期間が設定されていて、
誤操作でメールを削除しても期間内なら復元できます。

ただし、パソコン上にデータが一時的にでも残るメールソフトと違い、
完全削除してしまったときは復元ツールを使用できないことに注意してください。

よほどの事由がないかぎり削除されたメールの復元には対応してもらえませんので、
完全削除したら復旧させることはほぼ不可能です。

消えたメールデータの復元が難しいときの対処法とは?

メールを誤って削除してしまったり、知らないうちに消えてしまったりしたとき、
まずはゴミ箱の中を探してください。

もしゴミ箱になかったとしても、ストレージ上にメールデータの痕跡があれば、
復元ツールなどを使用して元に戻すこともできます。

しかし、ツールでも復元できなかったり、
エラーが重なってPSTファイルを破損したりするなどのリスクもあることに留意しましょう。

データ復旧の専門業者なら、
ストレージに残ったデータの痕跡から完全削除されたメールを調べることができます。

重要なメールデータが消えたとき、自力での修復が難しければ
メール・ファイル復元専門の「MELSIC(メルジック)」へお問い合わせください。



-データ復旧, クラウド, データバックアップ, バックアップ方法, データ保存の豆知識, ITお役立ち情報, パソコン(PC), データ保全, メール復元, メール削除

執筆者:

関連記事

「データが消えた!?」データ復旧業者が教えるやってはいけない3つのこと

ハードディスクは故障や寿命、誤操作などで突然データが消えてしまうことがあります。 バックアップがあればデータを戻すこともできますが、そうでない場合は適切な対応を行わないと復旧率が下がり、最悪データ復旧 …

Macのメールの特徴やバックアップとメールデータの復元方法を解説

Macは、デザイナーや学生に人気があり、2019年9月時点でのデストップパソコンにおけるシェアは約11.6%です。標準装備で「メール App」というメーラーが搭載されています。Macの購入を検討してい …

パソコンのフリーソフトを使えばメールデータの復旧は可能?

メールを間違って削除したときや、パソコンの故障でメールデータが消えてしまったとき、フリーソフトでも復旧できる可能性があります。 ただし、どんな状況からでも復旧させるフリーソフトは実際のところ皆無です。 …

WindowsLiveメールの特徴とは?削除した場合のメールの復元方法を解説

Windows Liveメールは、Microsoft社が無償で提供していたメーラーです。「Windows Essentials」というソフトパッケージに含まれていたもので、2017年の1月にサポートが …

社員が不正取引の疑い!?削除されたメールデータの復旧調査

私たちの生活に欠かせない医療機関。そこで使われている医療機器の多くは、一般法人の医療機器メーカーが製作、販売しています。医療機器メーカーは病院から提出される臨床データをもとに開発を行うこともあり、徹底 …