Outlookからメールが消された!退職者が不正に使用したメールデータの復元に成功 – メール・ファイル復元 | 企業の不正調査

データ復旧 デジタルフォレンジック セキュリティ対策 メール復元 メール削除

Outlookからメールが消された!退職者が不正に使用したメールデータの復元に成功

投稿日:

退職者の不正が発覚。顧客情報を持ち出した可能性

ある日、取引先から「以前お世話になった御社のAさんって退職されましたか?Aさんから別の会社名で商談を持ちかけられたのですが・・・」と問い合わせがありました。

他の取引先にも確認をしたところ、複数の企業で同様の商談を持ちかけられていたことが判明しました。

尚、退職者A氏とは、退職時に※「競業避止義務」の特約による顧客の引き抜きの禁止、及び「秘密保持義務」を負わせる条項により会社に在職している間に得た顧客情報を使用した営業の禁止を誓約書により合意させていたため、契約違反にあたります。

A氏が誓約書を反故にして営業活動をしていると思われるため、証拠の収集を開始することに。
まずは顧客情報の持ち出しの可能性があったため、A氏が使用していたPCを調べることにしました。

※競業避止義務とは
「競業」=「元々勤務していた会社の同業他社」への就職や、同業他社を自ら起業することを避けなければならない、という義務。

Outlookのメールを確認したら・・・

メールを使用してデータを持ち出した可能性があったため、A氏が使用していたPCのMicrosoft Outlookのメールを確認しました。

すると、A氏が退職した日付から数えて半年間のメールが消されている状態になっていました。
その半年間、業務中にA氏がメールを使用していることは複数の社員が目撃しています。とある社員に至ってはその期間にA氏とメールのやり取りをしている(本人のメールボックスで確認済)はずですが、そのメールも見当たりません。

これは証拠隠滅のために意図的に消去した可能性が高いと判断し、解決策を調べることにしました。

デジタルフォレンジックでメールデータの復元に成功

消されたメールデータを復元するために複数のデータ復旧業者に問い合わせましたが、ほとんどの業者では「Outlookのメールは拡張子がpstという1ファイルにまとまってしまっているので対応できない」と言われてしまいました。
また、自分で復旧ソフトをいくつかダウンロードして試してみたが、メールと思われるデータは何も出てきませんでした。行き詰まりかけていたところ、MELSIChttp://www.melsic.com/)のHPを発見。

Outlookの削除メールに対応可能とのことだったため、すぐに依頼し、東京・秋葉原オフィスに持ち込みました。

結果、該当期間のメールデータの復旧に成功しました。実際に退職1ヶ月前に顧客情報をやり取りしていたメールも検出し、証拠として扱うことが出来ました。

他社で出来なかった理由とデジタルフォレンジックで出来た理由

通常、「データ復旧」というのは、表面上では消されてしまったものを、ディスク上に残されている痕跡から解析し、再度結合することによってファイル単位(エクセルファイル、画像ファイル等)でデータを取り出す作業です。

Outlookのメールデータというのは、メール1通1通が1ファイルずつ保存されるのではなく、全てのメールが1つの「pstファイル」として保存されます。

つまり、通常のデータ復旧作業では「pstファイル」が丸ごと消された場合であれば復旧が出来る可能性がありますが、「pstファイル」に内包されているメールはファイル単位よりも小単位になるため、対応していません。

MELSICでは更に細かい「pstファイル」内の痕跡から解析が可能であり、1通1通のメール単位でも復元をすることが出来ます。
※クラウド上で管理されるGmailやYahooメール等は対象外です。

他社で出来ないと言われたメール復元も、株式会社リプラスのメール復元サービス「MELSIC」では復旧できる可能性があります。

消去メールの復元でお困りの方は、まずご相談ください。

-データ復旧, デジタルフォレンジック, セキュリティ対策, メール復元, メール削除
-, , ,

執筆者:

関連記事

消されたメールを復旧するためには

Contents1 消してしまったメールはどこへいくのか2 メールの種類とは3 メールの種類によっては保存方法が異なります4 メールボックスタイプはどのように復旧するのか5 メールが消えてしまった際に …

削除されたメールを復元すると何が分かる?

Contents1 データのトラブルは機械の故障だけにあらず!1.1 どんなメールソフトから復元や調査ができるの?1.2 「メールフォレンジック調査」はどんな時に行うの?2 メールフォレンジック調査事 …

「データが消えた!?」データ復旧業者が教えるやってはいけない3つのこと

ハードディスクの故障や寿命、誤操作でデータを消してしまったなどデータが「消えてしまう」「消してしまう」ご相談を多くいただきます。 バックアップがあればデータを戻すこともできますが、そうでない場合に適切 …

退職者がメールで不正取引!?削除されたメールの復元や調査は可能か

「退職者が金銭を見返りに、ある業者と不正取引をおこなった」という情報を得たら、退職者が使用していたPCのメールソフトなどを調査することになるでしょう。 しかし、退職者の不正調査をしようとしても、すでに …

顧客情報が漏洩した!?証拠となるメールデータを復元するには?

顧客情報の漏洩は、どんな企業にとっても致命的なトラブルです。 セキュリティにコストをかけた堅牢な自社サーバー内で顧客情報を管理していたとしても、悪意ある社員が流出させるケースがあります。 メールで顧客 …